展覧会「風の仕事場」(2009.1.29-2.10)の会期後web展(記録)サイト


by kazenoshigotoba

<   2009年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『P.S.T.S 01』

e0172771_2321024.jpg
e0172771_232203.jpg


寺山修司の短歌
「滅びつつ秋の地平に照る雲よ涙は愛のためのみにあり」
に心動かされて作った。
[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 17:19 |  『P.S.T.S 01』

『みちかけ』

e0172771_12413843.jpg
e0172771_12415523.jpg
e0172771_124228.jpg


展示の様子
e0172771_12421845.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 16:41 |  『みちかけ』

『P.S.T.S 02』

e0172771_1454775.jpg


e0172771_225083.jpg
e0172771_231634.jpg
e0172771_233354.jpg
e0172771_242741.jpg
e0172771_245188.jpg
e0172771_25855.jpg


寺山修司の短歌
「悲しみは一つの果実てのひらの上に熟れつつ手渡しもせず」
に心動かされて作った。

                                      (現在、個人蔵)
[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 16:05 |  『P.S.T.S 02』

『(untitled) 時計』

e0172771_0385681.jpg


時計の針は枯れたかすみ草。天井に一秒ごとの陰が映る。
e0172771_0415945.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 15:38 |  『(untitled) 時計』

『雪の主人』

e0172771_2301831.jpg
e0172771_2302836.jpg
e0172771_2304245.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 15:30 |  『雪の主人』

『(untitled) BOX』

e0172771_1231641.jpg
e0172771_12311925.jpg
e0172771_12313139.jpg
e0172771_12314138.jpg
e0172771_12321319.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 14:30 |  『(untitled) BOX』
e0172771_1325137.jpg
e0172771_1334556.jpg
e0172771_134239.jpg


e0172771_1332375.jpg

e0172771_13215360.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 12:49 |  『お仕事は何ですか?』

『ツバメ』

e0172771_114528100.jpg
e0172771_11453863.jpg
e0172771_1145491.jpg
e0172771_1146247.jpg
e0172771_11461176.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 11:44 |  『ツバメ』
e0172771_1012528.jpg

『既にそこにあるもの』(大竹伸朗著)
大竹伸朗の言葉が大好きだ。初めて読んだとき読みながら絵を描きたくなった。
読むのを止めることもできず、鉛筆を動かしていた。
e0172771_1012186.jpg
e0172771_10122737.jpg
e0172771_1012396.jpg
e0172771_10125132.jpg
e0172771_1013764.jpg

[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 11:13 |  『(untitled) すでにそこに』

『僕の  』

e0172771_244473.jpg
e0172771_2442772.jpg


ふと「僕の嫁さん」という言葉が浮かんで、その言葉から映像が畳み掛けるように見えた。
それを再構成することなく、見えたとおりに、見えた順に書き付けた。
[PR]
by kazenoshigotoba | 2009-02-19 10:45 |  『僕の  』